終身保険の必要性

保障される期間が一生涯であるのが終身保険になります。そして保険の対象となる人が死亡もしくは高度障害になってしまったとき、保険金受け取り人として設定された遺族に死亡保険金が支払われる保険になります。また養老保険同様貯蓄型にもなっており、老後の積み立てとして活用することもできます、たとえば、若いときは保障が必要なので死保障として考えて、子供が独立して大きな保障が必要なくなったときは解約をしてそれまで積み立ててきたお金を老後の生活資金にまわすことも可能です。保険料を設定期間まで支払うとあとは保険会社が運用していくので解約をしない限りは少しずつたまっていくが特徴です。

こちらはあくまでも死亡保障がついているので、万が一の時は保険金が支払われることになります。契約者にとっては、万が一のための保障もあり、貯蓄もできるのはうれしい限りだと思います。ただし、こちらはやはり貯蓄型になるため保険料は高くなります。契約をした後に払えなくなって途中解約をしてしまうと、特に早期解約などは保険料が100%は戻ってこないので損をすることもあります。その点も踏まえて契約を考えなければならないでしょう。

このように、生命保険というのは、今現在がどうというのではなく、将来の生活や家族のことを考えて、万が一に備えて入るものです。一括で払うにしろ、分割で払うにしろ、よく考え、自分にはどの生命保険があっているのかを見極め、備えていかなければならないのではないでしょうか。

  • コメントはまだありません

養老保険の必要性

貯蓄型の生命保険といえばこの養老保険があげられます。この保険は老後のことを考えた保険ともいえます。満期まで保険料を積み立てていき、保険満了時に利息を上乗せして受け取ることができます。月々計画的に貯蓄をしていきながらも、万が一のときにも備えた保障が受け取れるのが特徴です。

一定期間だけの保障と契約になるため敬遠されがちですが、保険料の満期を、収入がへるもしくはなくなる定年などの時期に設定しおけば老後に備える事もできます。同じようなことで子供の教育資金、例えば高校や大学入学といったまとまったお金が必要になる時期に設定しておけば、その時になっても困ることはなくなると思います。計画的に貯金をすることが苦手な人はこのタイプの保険は友好的ではないでしょうか。

ただ、この養老保険は保険料が高いのがデメリットになります。また一生涯の保障ではないため、満期にはまとまったお金が入ってきますが、老後の生活費等に使ってしまえば、満期後に自分がなくなってしまえば家族にお金を残すことができません。そのため、養老保険というのは一応保障はついてはおりますがあくまでも貯蓄が目的の保険と考えておいたほうがいいのではないでしょうか。その上で、どのような時期に満期にすればいいのかという計画性を持って入れば将来の生活の手助けになってくれると思います。

  • コメントはまだありません

定期保険の必要性

定期保険とは、定められた期間の間を保証してくれる保険になります。契約終了時には返戻金のないため、いわゆる「掛け捨て保険」と言われています。貯蓄性はほとんど期待はできないのですが、保険料が比較的安く抑えられております。なぜ安いのか、それは定期の契約であるための死亡保険になりますので、保険会社が保険金を支払う可能性が低くなるからです。

掛け捨てで貯蓄も期待できないのであればはいっても仕方がないと思う方も多いかと思います。ですが、もし家庭に子供がいたときに一家の大黒柱である人が予期せぬ事故や病気に見舞われ収入を得られなくなったらどうしますか。貯蓄しておけば良いと思われるかもしれませんが、例えば若いうちになってしまい貯蓄もまだ十分でないときは本人はもとよりその家族の生活が維持できないときもあると思います。そうなってから悩んでも解決策はほとんど出てこないでしょう。そうならないための定期保険なのです。

掛け捨てですが、貯蓄も基本期待できませんが、一定期間を保証してくれるこの保険は、代わりに保険料も安いため比較的若い世代に向いている保険ともいえます。家庭を持ち、子供ができ、その家庭を最低限守るためには、最低限の保障を満たしてくれるこの定期保険を考えてみてもいいのではないでしょうか。

参照HP|保険ゲート
定期保険無料相談を行っています。

  • コメントはまだありません

生命保険の役割

生命保険を勧められたことはありませんか。いろいろな場面、たとえば成人式を迎えたとき、親から独り立ちをするときや結婚した時、子供が生れたときなど様々な場面において耳にした言葉ではないかと思います。多くの人は必要性に駆られてというよりかは、なんとなく入っておいたほうがいいとか誰かに勧められてというような感じで契約をしているのではないでしょうか。

確かに何かあったときのために入っておいたほうがいいといわれますが、実際に起きるかどうか定かではないものにお金を払い続けるのはどうかと必要性を感じてない人も多くいるかもしれません。ですが、必ずしも何も起きないという保証があるわけではないので、もし万が一に何か起きた場合、貯蓄があればまだしも、何もない状態ではどうすることもできません。怪我により体が不自由になったり、病気になり働けなくなったり、一家の大黒柱である方が事故で亡くなってしまったりということも考えられます。そうなれば経済的に生活ができなくなったりしてしまうことが想像できるのではないでしょうか。

そんな緊急事態になったときに備えておけるのが生命保険になります。生命保険というのは自分や自分の家族を守るための「生活保障」の役割を担っています。誰しもが未来なんて予測はできません。けれどもわからないから何もしないではもしもの時に困るのは自分になります。そしてご家族の方も。自分にとっても、家族にとってもちゃんとした生活ができるようにする、それが生命保険の役割になります。

ではどういった生命保険があるのか少しご説明いたします。

  • コメントはまだありません