生命保険の役割

生命保険を勧められたことはありませんか。いろいろな場面、たとえば成人式を迎えたとき、親から独り立ちをするときや結婚した時、子供が生れたときなど様々な場面において耳にした言葉ではないかと思います。多くの人は必要性に駆られてというよりかは、なんとなく入っておいたほうがいいとか誰かに勧められてというような感じで契約をしているのではないでしょうか。

確かに何かあったときのために入っておいたほうがいいといわれますが、実際に起きるかどうか定かではないものにお金を払い続けるのはどうかと必要性を感じてない人も多くいるかもしれません。ですが、必ずしも何も起きないという保証があるわけではないので、もし万が一に何か起きた場合、貯蓄があればまだしも、何もない状態ではどうすることもできません。怪我により体が不自由になったり、病気になり働けなくなったり、一家の大黒柱である方が事故で亡くなってしまったりということも考えられます。そうなれば経済的に生活ができなくなったりしてしまうことが想像できるのではないでしょうか。

そんな緊急事態になったときに備えておけるのが生命保険になります。生命保険というのは自分や自分の家族を守るための「生活保障」の役割を担っています。誰しもが未来なんて予測はできません。けれどもわからないから何もしないではもしもの時に困るのは自分になります。そしてご家族の方も。自分にとっても、家族にとってもちゃんとした生活ができるようにする、それが生命保険の役割になります。

ではどういった生命保険があるのか少しご説明いたします。