定期保険の必要性

定期保険とは、定められた期間の間を保証してくれる保険になります。契約終了時には返戻金のないため、いわゆる「掛け捨て保険」と言われています。貯蓄性はほとんど期待はできないのですが、保険料が比較的安く抑えられております。なぜ安いのか、それは定期の契約であるための死亡保険になりますので、保険会社が保険金を支払う可能性が低くなるからです。

掛け捨てで貯蓄も期待できないのであればはいっても仕方がないと思う方も多いかと思います。ですが、もし家庭に子供がいたときに一家の大黒柱である人が予期せぬ事故や病気に見舞われ収入を得られなくなったらどうしますか。貯蓄しておけば良いと思われるかもしれませんが、例えば若いうちになってしまい貯蓄もまだ十分でないときは本人はもとよりその家族の生活が維持できないときもあると思います。そうなってから悩んでも解決策はほとんど出てこないでしょう。そうならないための定期保険なのです。

掛け捨てですが、貯蓄も基本期待できませんが、一定期間を保証してくれるこの保険は、代わりに保険料も安いため比較的若い世代に向いている保険ともいえます。家庭を持ち、子供ができ、その家庭を最低限守るためには、最低限の保障を満たしてくれるこの定期保険を考えてみてもいいのではないでしょうか。

参照HP|保険ゲート
定期保険無料相談を行っています。