養老保険の必要性

貯蓄型の生命保険といえばこの養老保険があげられます。この保険は老後のことを考えた保険ともいえます。満期まで保険料を積み立てていき、保険満了時に利息を上乗せして受け取ることができます。月々計画的に貯蓄をしていきながらも、万が一のときにも備えた保障が受け取れるのが特徴です。

一定期間だけの保障と契約になるため敬遠されがちですが、保険料の満期を、収入がへるもしくはなくなる定年などの時期に設定しおけば老後に備える事もできます。同じようなことで子供の教育資金、例えば高校や大学入学といったまとまったお金が必要になる時期に設定しておけば、その時になっても困ることはなくなると思います。計画的に貯金をすることが苦手な人はこのタイプの保険は友好的ではないでしょうか。

ただ、この養老保険は保険料が高いのがデメリットになります。また一生涯の保障ではないため、満期にはまとまったお金が入ってきますが、老後の生活費等に使ってしまえば、満期後に自分がなくなってしまえば家族にお金を残すことができません。そのため、養老保険というのは一応保障はついてはおりますがあくまでも貯蓄が目的の保険と考えておいたほうがいいのではないでしょうか。その上で、どのような時期に満期にすればいいのかという計画性を持って入れば将来の生活の手助けになってくれると思います。