終身保険の必要性

保障される期間が一生涯であるのが終身保険になります。そして保険の対象となる人が死亡もしくは高度障害になってしまったとき、保険金受け取り人として設定された遺族に死亡保険金が支払われる保険になります。また養老保険同様貯蓄型にもなっており、老後の積み立てとして活用することもできます、たとえば、若いときは保障が必要なので死保障として考えて、子供が独立して大きな保障が必要なくなったときは解約をしてそれまで積み立ててきたお金を老後の生活資金にまわすことも可能です。保険料を設定期間まで支払うとあとは保険会社が運用していくので解約をしない限りは少しずつたまっていくが特徴です。

こちらはあくまでも死亡保障がついているので、万が一の時は保険金が支払われることになります。契約者にとっては、万が一のための保障もあり、貯蓄もできるのはうれしい限りだと思います。ただし、こちらはやはり貯蓄型になるため保険料は高くなります。契約をした後に払えなくなって途中解約をしてしまうと、特に早期解約などは保険料が100%は戻ってこないので損をすることもあります。その点も踏まえて契約を考えなければならないでしょう。

このように、生命保険というのは、今現在がどうというのではなく、将来の生活や家族のことを考えて、万が一に備えて入るものです。一括で払うにしろ、分割で払うにしろ、よく考え、自分にはどの生命保険があっているのかを見極め、備えていかなければならないのではないでしょうか。